食事を変えるのって、けっこう大変


分子栄養学を食事にとり入れるといっても、何から始めたらいいのかわからないと思います。
「何か良くないところを改善しなくちゃいけないんだろうな」って思うと、

いやだな~とか、めんどくさい、きちんとしなきゃいけないのかな~とか、浮かんできそうですね。

今までの食習慣を変えるのはなかなかに大変なことですから、そう思うのも無理ないこと。


食習慣を変えるのがむずかしい理由が2つあります。




長い時間をかけて作られてきた食習慣は根深い。


子供のころから食べてきたものは親からの影響が大きく、家族の食習慣がベースとして形作られてます。

好き嫌いもあるし、手間をどれくらいかけられるのかにもよります。簡単な方が良い人は多いです。逆に、体に良いとされることをストイックにやる人もいます。


どちらにせよ、その時々で自分にとってより良いものを選んできた結果が今。

体に悪そうと知っていても食べてしまうことだって、「おいしそう」「食べたい」と感じて、より良い方(より好きなもの)を選んできたということです。




食習慣を変えるには、目的がはっきりしている必要がある。

目的がないなら、食事を変えなくても良いですもんね。

頭で納得していて、「そうしたい」と思えること。
「どうなりたいか」という希望があって、その先に楽しみな変化があること。



例えば、

肌が荒れてしまって悲しいから、肌をきれいにしたい。

肌がきれいになったらうれしい → 肌がきれいになるならやる

痩せたいけど、挫折してしまうとき

だんだん太ってきてヤバイと思う → やせたい → でもおいしいものも食べたい

単にやせることがゴールでは、その時の誘惑に負けてしまいます。
そもそも、おいしいものはダイエット中食べたらいけないのでしょうか。
「~してはいけない」という制限では長くは続かないです。



考えるワークをおすすめ

「食事に気をつけたい」「食習慣をより良くしたい」「体質改善したい」など、食事に気をつけようと思う気持ちは何でなのか考えてみましょう。

  1. あと3㎏やせたい
  2. 肌をきれいにしたい
  3. 疲れ感から抜け出したい
  4. 生理の時の不調を減らしたい
  5. 頭が痛いのをなんとかしたい


どうなったら、体が楽になりますか。
体が楽になったら、何がしたいですか。

ぜひ書きだしてみてください。


「~しなければならない」「正しくしなければならない」ではなく、

自分のためにどうしていくのか、少しずつ一緒に進めていきましょう!

この記事を書いた人

ひびようこ

管理栄養士・分子栄養学 栄養カウンセラー
2人の小学生の子育て中。

栄養を+プラスして、自分の心と身体をセルフケアできる人を増やしたい。
年齢を重ねても、もっと元気に、もっときれいに、もっと楽に!
を叶えるための栄養ポイントをお伝えします。